真剣投資生活
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一目均衡表の遅行スパン
遅行スパンがレートより
上か下かで相場の状況を判断するのが
一般的ですが、

さらに
遅行スパンと転換線クロスで
相場の変化に注意が必要。

遅行スパンと基準線クロスで
相場の方向性の転換注意。

1時間程度の足での判断が有効。


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

【2012/10/05 15:06】 | テクニカル指標 一目均衡表
トラックバック(0) |
買い

1.基準線を転換線が下から上にクロス

2.日々線が雲を上に抜ける

3.遅行線が、日々線を下から上にクロス

三つそろえば三役好転


売り

1.基準線を転換線が上から下にクロス

2.日々線が雲を下に抜ける

3.遅行線が、日々線を下方クロス

三つそろえば三役逆転

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



【2012/10/03 09:00】 | テクニカル指標 一目均衡表
トラックバック(0) |
日々の終値を26日前に記して記入した線。

遅行スパンの見方は
遅行スパンのある位置と
遅行スパンのあるところのレートの位置関係です。

遅行スパンがある位置の
レートより上に
遅行スパンがあれば
強い相場状況であり、

遅行スパンがある位置の
レートより下
遅行スパンがあれば
弱い相場状況と判断します。

遅行スパン


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



FC2blog テーマ:FXで儲ける! - ジャンル:株式・投資・マネー

【2012/09/28 09:24】 | テクニカル指標 一目均衡表
トラックバック(0) |
一目均衡表には
先行スパンがあります。

先行スパン1
転換線と基準線の平均値を、26日先に記載

先行スパン2
過去52日間の最高値安値の平均値を、26日先に記載


先行スパンAとBに挟まれた領域を「雲」と言います

雲は、一目均衡表で一番有名な概念であり、
雲の機能で有名なのが、サポート、レジスタンスです。

レートが雲の上にある場合、雲がサポート、

雲の下にある場合、雲がレジスタンス(抵抗帯)となります。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



FC2blog テーマ:FXで儲ける! - ジャンル:株式・投資・マネー

【2012/09/25 10:30】 | テクニカル指標 一目均衡表
トラックバック(0) |
一目均衡表の
基準線と転換線

基準線=(過去26日間の高値+安値)÷2
転換線=(過去9日間の高値+安値)÷2


基準線と転換線の見方は
転換線が基準線の下から上へ抜ける
好転=買い転換、

転換線が基準線の上から下へ抜ける
逆転=売り転換

ただし、
好転は基準線が上向きの状態のとき、
逆転は基準線が下向きと状態のとき 
とされていますが

FXのデイトレードでは
分足レベルで
基準線が上向き状態のときは
すでに上昇していることも多く

他のインジケーターとの併用で
転換線が基準線を抜けるときに
エントリーしてもいいかもしれません。

ただし上位足の転換線と基準足の
確認は必要です。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



FC2blog テーマ:FXで儲ける! - ジャンル:株式・投資・マネー

【2012/09/19 15:01】 | テクニカル指標 一目均衡表
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。