真剣投資生活
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FRBのイエレン議長は
データ次第の金融政策とは
何を意味するのかを述べ
政策金利が慎重なペースで引き上げられる
という明確なメッセージを送った。
外国の経済と金融市場が安定する必要性
さらなるドル高は望ましくない。
ドル高となれば、インフレ率や輸出を押し下げ、
米国の製造業に打撃を与える
というようなもの
さらなるドル高は望んでないようで
ドル円は下落で反応。
今週末は
雇用統計の発表に
注目が集まります。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

【2016/03/30 17:05】 | 相場の注目記事
トラックバック(0) |
日銀が先月29日に
マイナス金利の導入を決定し、
金融機関は日銀に資金を預けると損をするため、
国債の購入を増やし、
国債価格が上昇して金利が急低下した。
長期金利は史上初のマイナスとなっている。
景気減速懸念などで
世界的な債券買いによる金利の下げ圧力が
国内債市場にも広がっている。
今日の日経平均株価が急落し
900円を超える下げ
銀行や証券など金融株、電機など輸出株など
全業種が安い。
為替市場では
2014年11月以来の水準まで円高が加速している

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


【2016/02/09 14:15】 | 相場の注目記事
トラックバック(0) |
日経平均が5日連続で下げた
年初から5日連続で下げるのは
戦後初とのこと。
米国株も年初5日間では
記録開始以来の大幅安。
中国株式市場の不安定さ、中国経済の先行きへの不安や
サウジ・イラン、北朝鮮の水爆実験などの
地政学的リスクにより市場は不安定な状態になっている。
週末の米国雇用統計は
予想よりだいぶ良かったが
ドル円は上がらず。
来週以降も中国関連の情報には
注意が必要か

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


【2016/01/11 13:50】 | 相場の注目記事
トラックバック(0) |
米国の連邦準備制度理事会(FRB)は
金融危機をきっかけに景気刺激策として
2008年12月から7年間続けてきた
事実上のゼロ金利政策をやめ
利上げすることを決めた。
短期金利の指標となる
フェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標を
0.25%引き上げ、年0.25~0.50%に設定した。
為替相場はドルが買いに反応している。
また、
今後の利上げについては
「緩やかな」ペースになるとし、
これまでの予測を維持、
来年に0.25ポイントの利上げが
4回実施されると想定している。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


【2015/12/17 13:00】 | 相場の注目記事
トラックバック(0) |
先週の米国雇用統計は、
非農業部門雇用者数が+14.2万人
市場予想の+20.1万人を大きく下回った。
上方修正が期待されていた前月分も
+17.3万人から+13.6万人に引き下げられ
2カ月連続の20万人大台割れとなった。
20151005.jpg
ドル円は発表後に下落したが
その後戻す形となり雇用統計の発表で大きな動きはなかった。
指標の悪化で
今年の利上げはどうなるのか
相場も判断しかねているところという感じ。
日足では値動きが乏しく
次の動意待ち。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



【2015/10/05 13:59】 | 相場の注目記事
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。