真剣投資生活
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相場の値動きをチャートにつけ、
将来の値動きを予測する分析技法です。

トレンド分析には欠かせない
テクニカル分析として移動平均線、

買われ過ぎ、売られ過ぎをみる
オシレーター系のテクニカル分析として
RSIやストキャスティックスなど、

その他にもボリンジャーバンド、MACDなど
かなりの種類があります。

これらのテクニカル分析に使われる
インジケーターなどは、
それぞれに得意な(有効な)場面があり、
いつも有効に機能するとは限りません。

インジケーターのサインが
有効でないときをダマシといいますが、
そのダマシをいかに少なくし、
だまされたときはどうするのかを
考えることが重要です。

相場に絶対はないと言われることから、
どんな優れたインジケーターでも
絶対に勝てるとは限らないので、
それを理解してテクニカル分析を
使うということです。


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

【2012/09/13 16:00】 | テクニカル分析
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。