真剣投資生活
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロドルは昨晩
米国の指標発表から、上下に大きくぶれました。
21時30分の指標あたりから下落をはじめ
23時の指標でも一旦下落の反応をしましたが
その後反発、
午前2時には急反発を始めました。
この時間帯
午前1時付近ではまだまだ買いでエントリーはできません
では売りでエントリーするべきなのかですが
午前2時過ぎてからは売りでのエントリーは危険と判断すべきです。
15分の20移動平均線MA(青)が
もっとも反応がおそい単純移動平均20SMAより
20WMA、20EMAともに上に位置してきている点に注目、
また、上位足である
1時間の20MA(赤)の傾きは上向きなので
上に上昇したといえます。
まあ、結果論かもしれませんが
ちょっと様子がおかしいなという判断を
何を見て行うかはさまざまですが
いかに危険を察知し
トレードするのか見送るのかは重要です。
20130815.jpg



にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

【2013/08/16 16:02】 | トレード日記・相場
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。