真剣投資生活
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨夜の欧州中央銀行(ECB)は、
0.50%を0.25%に引き下げた。
まさかの利下げで
ユーロ・ドルは、あっという間に1.35ドルから大きく下落した。
その後の米国第3・四半期実質GDP 発表に対しても下落したので、
1時間足らずの間に200ポイント以上も下落した。
しかし、その後米国時間には半値以上の戻しを見せた。
ドル円も利下げ、GDPの発表後、99.37付近まで上昇後急落し
97.61まで下落する、ジョットコースター相場となった。
昨日はドル円、ロングエントリーをするか迷ったが
米国時間の急落時にエントリーを見送ったことは
チャートでのエントリー判断が(見送り)が正解だった。
チャートをしっかり見続ける
検証を続けることで、見えてくるものはたくさんある。
今後も検証を続け、チャートから相場観を養うことが
投機・投資を続ける必須条件である。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

【2013/11/08 18:00】 | トレード日記・相場
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。