真剣投資生活
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米連邦準備制度理事会(FRB)の
金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)は
景気を支えるために市場に大量のお金を流す「
量的金融緩和」を来年1月から縮小することを決定。
今は毎月、米国債を450億ドル(4.6兆円)分、
住宅ローン担保証券(MBS)を400億ドル(4.1兆円)分、
合計850億ドル分の金融資産を市場から買い上げている。
来年1月から、
米国債とMBSの購入額をそれぞれ50億ドル
合計で100億ドル分減らす。
ダウ平均終値は、
前日より292.71ドル(1.84 %)高い1万6167.97ドル.
ドル円は
2008年10月以来5年ぶりに104円台に。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

【2013/12/19 13:01】 | トレード日記・相場
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。