真剣投資生活
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国の情報機関やシンクタンクの
世界情勢分析は、昔から良く当たるとのこと
中でも、米CIAの上部統括機関である
NICによる
中長期予測は信頼できる情報で
近年の報告書では、、
中国を包囲して
アジア・オセアニアに軸足を移す
米国の戦略が、
世界経済の立ち直りの鍵であると。
アメリカが経済復調の成果を見せ始め、
そしてASEANへも広がり始め
世界にだぶついていた過剰マネーが
債権から株式へと資金シフトするとの
国際的観測が広がっていると。
またそれは10年、20年先までとのことです
日本は2020年に
東京オリンピックがあるので
これから3~5年くらいが
チャンスなのでしょうか。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

【2015/01/15 13:45】 | 相場の注目記事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。