真剣投資生活
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年1月15日
突然、スイス国立銀行(スイスの中央銀行)は
3年以上続けてきたスイスフランのユーロに対する上限を撤廃、
ユーロ/スイスフランは一時、
20分の間に40%下落。
また、米ドル/スイスフランも
3000pips超の下落を記録した
スイスフラン

スイス中央銀行は、
ECBがQE量的緩和策を実施したら
自力で相場を支えられないと思った可能性があり
E来週はCBの動向には要注意で
まだまだボラティリティの大きい相場になりそう
ドル円、ユーロ円もECBのQE実施があれば
大きく下げる可能性もあり
ポジションの取り方には注意して
早め早めのの対応が求められそうです。
また、気になることは
アルパリ(UK) Limitedが破綻したようで
その他にも米国のFXCMなど
多額の損失を出した為替関連会社もあるようで
日本法人についても
今後どのような影響が出るか
しっかりチェックすることが重要です。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

【2015/01/17 15:20】 | 気になること
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。