真剣投資生活
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国の連邦準備制度理事会(FRB)は
金融危機をきっかけに景気刺激策として
2008年12月から7年間続けてきた
事実上のゼロ金利政策をやめ
利上げすることを決めた。
短期金利の指標となる
フェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標を
0.25%引き上げ、年0.25~0.50%に設定した。
為替相場はドルが買いに反応している。
また、
今後の利上げについては
「緩やかな」ペースになるとし、
これまでの予測を維持、
来年に0.25ポイントの利上げが
4回実施されると想定している。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

【2015/12/17 13:00】 | 相場の注目記事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。