真剣投資生活
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストキャスティクスとは相場の買われすぎや売られすぎを表すものです。
0~100(%)で表わされ、価格がある一定のレンジ内で動くときに有効です。

反対に、大きなトレンドが形成される場合には弱いという欠点があります.

一般に二つの線、80%以上と20%以下にある時に
それぞれ買われすぎ、売られすぎを表すとされ、
そろそろ相場が転換して売り主導や買い主導になると判断するものです。

大きなトレンドが形成されるか、レンジ相場なのか
判断ができないとストキャスは使うのがむつかしいという
ことを理解した上で有効に使いたい指標です。

FXプライム

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:テクニカル指標 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2011/12/06 01:43】 | テクニカル指標 ストキャスティクス
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。