真剣投資生活
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィボナッチ数列はイタリアの
数学者が発明した数値の事を言います。

0・1・1・2・3・5・8・13・21・34・55・89・・・
フィボナッチ数列は隣り合った二つの数の合計が次の数値となります

フィボナッチ数を比率化したものを黄金比率といい、
人間界や自然界で非常に多く使われています。
有名なのはパルテノン神殿やピラミットなどの歴史的建造物など
人間にとっても非常に心地よい比率、それが黄金比率です

FXではこのフィボナッチ数列を利用し、
戻しを予測することがあります。
相場でよく使用される比率としては、
0.382・0.5(半値戻し)・0.618などの比率です。
また、西欧のトレーダーはテクニカル分析で
この数値をパラメーターとして
利用することが多いと言われています
13移動平均線、21移動平均線、55移動平均線など、





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:テクニカル指標 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2011/11/03 07:00】 | テクニカル分析
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。